漫画バンクは閉鎖された?代わりのサイトはある?危険性や罰則をご紹介します

4 min
引用元:NHK

これまで数多くの漫画やコミックを違法アップロードしていた漫画バンク
無料で漫画を読むことができる海賊版サイトとして有名でしたが、2021年に突如閉鎖されました。

誰でも会員登録なしで簡単に漫画を無料で読めるとあって、月間8100万以上のアクセスがあったと言われています。

漫画バンクの前身とも呼べる、漫画村といった海賊版が横行した事によって、本来であれば出版社や漫画家に支払われるはずだったものが違法サイトに流れ、その被害総額はなんと数千億以上とも言われています・・!

そこで今回は現在閉鎖されている漫画バンクや、その代わりとなる後継サイトの危険性、また閲覧した事で発生する罰則を詳しくご紹介させて頂きます。

漫画バンクは閉鎖 代わりのサイトは?

2021年11月に大手出版4社によって、著作権の侵害による運営者の氏名や住所といった情報開示を請求・また刑事告訴を視野に入れた動きが明らかになり、突如閉鎖した「漫画バンク」。

これまで多くの作品を無料で違法な手段でアップロードしてきました。

中には違法だと知らずに利用してしまった!という方も多くいたのではないかと思いますが、これらのサイトは完全な違法サイトとなっています。

ですが、漫画バンク閉鎖後もそれに類似したサイトが出現していますが大丈夫なのでしょうか?
漫画バンクの後継サイトとも呼ばれている「Combay(コムベイ)」「漫画ごはん」をそれぞれ調べてみました。

漫画バンクの後継サイト「Combay(コムベイ)」

「Combay(コムベイ)」は漫画バンクが閉鎖した後、わずか2週間後に誕生した後継サイトです。
ですが、その2日後には閉鎖されたため被害にあった作品は一つもなかったようですね。

「Combay(コムベイ)」は漫画バンクから直接リダイレクト出来るようになっていたようで、これまで漫画バンクを利用していた人にはすぐに後継サイトだとわかったようですが、当然監視の目もすぐに向いたという事なのかもしれません。

漫画バンクの後継サイト「漫画ごはん」

漫画バンクが閉鎖した後、閉鎖と更新を繰り返しているサイトが「漫画ごはん」です。
こちらも漫画を無料で読めるサイトとなっています。

元々はかつて日本最大級の海賊版漫画サイト「漫画村」の後継サイトとして誕生した漫画タウンの後継にあたるようです。

現在は完全には閉鎖されていないようですが、更新も不定期となっているそうなので今後は完全閉鎖になるかもしれません。

いくら無料で読めるからと言って違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むと懲役か罰金、またはその両方が科されるので、絶対に読むのはやめましょう。

漫画バンクが閉鎖した理由

多くの作品を違法アップロードしていた漫画バンクですが、2021年11月4日突如閉鎖が発表されました。

漫画バンクの説明としてはサーバーの維持費の都合で、このウェブサイトは閉鎖されました。と発表されていましたが、実際は国内大手の出版社4社によって、合同で刑事告訴を起こされる動きを察知したからだと言われています。

引用元:NHK

国内最大規模として知られる漫画の海賊版サイトの運営者の氏名や住所について、日本の大手出版社がアメリカのグーグルなどに情報開示するよう申し立て、現地の裁判所が開示命令を出したことが分かりました。このサイトは今月閉鎖されましたが、出版社は著作権を侵害したとして運営者の刑事告訴などを行う方針です。

引用元:NHK

漫画バンクの前身だった漫画村の運営者が、同年6月に著作権法違反などの罪で懲役3年の実刑判決を受けた事から、漫画バンクは閉鎖されたようです。

引用元:赤松健公式サイト

現在は閉鎖されている漫画バンクですが、集英社をはじめとした大手出版4社は、開示される情報をもとに運営者の刑事告訴や損害賠償請求など法的措置を進め、海賊版サイトとは徹底的に戦っていくという覚悟を示しています。

漫画バンクのような海賊版サイトを探すのは危険

購入するとなると一冊あたり400円以上となる漫画やコミックですが、その漫画がタダで読めるとあって急速に普及してしまった海賊版サイト。
ですが、これらの海賊版サイトを探す行為は非常に危険なものとなっています!具体的には

  • ウイルスに感染
  • フィッシング詐欺にあう危険性
  • 個人情報の流失

などが挙げられます。

実際にこうしたサイトで個人情報を抜き取られ、詐欺に利用された事例も過去にはあります。
タダで漫画を読もうとしたがために、高額な詐欺にあうとなっては本末転倒ですよね。

また、なりすまし犯罪や詐欺を行われでもしたら、それこそ大変な事となるので、こうした海賊版サイトを探す行為そのものが、とてもリスクが高い事が分かると思います。

漫画バンクの閲覧者、ダウンロード者は逮捕される?

引用元:STOP!海賊版

2021年1月より、漫画バンク等の海賊版サイトにアップロードされている作品をダウンロードする事は違法となりました!

これまでは、閲覧しているだけの場合は罪には問われなかった海賊版サイトですが徐々にそうしたサイトを厳しく取り締まる動きが出ています。

今後はダウンロードの有無に関係なく、閲覧そのものが違法となる事も考えられますね。

漫画バンクは閉鎖 代わりのサイトは

漫画をタダで読めるとして拡大していった海賊版サイト「漫画バンク」ですが、現在は閉鎖されています。
また後継となるサイトもウイルス感染や個人情報流失、更には罪に問われる可能性すらあるので、そうしたサイトを利用する事は大変危険なものとなっています!

ですが、やっぱり少しでもお得に読みたいですよね?

そんな方には各種割引きやセールなどで、ポイント還元・クーポン配布といったサービスが充実している電子書籍・コミック等の配信サイトをお勧めします!

賢く使えば実質タダに近い金額で話題の漫画や新作漫画も読めちゃいます!

DLsite

Dlsite ロゴ
引用元:DLsite

DLsiteとは、株式会社エイシスが運営するコンテンツのダウンロード販売・購入が行えるサイトです。
同人誌などが専売で多く販売されているのも特徴的です。

DLsiteに新規会員登録で、購入したい作品に使える300円OFFクーポンが貰えるほか、期間限定で話題作が大幅に割引きされる事も多いです。

さらにキャンペーンなどで新たにクーポンなども発行されているので、お得に漫画を読むことが可能となっています。

コミックシーモア

国内最大級の電子コミック・書籍販売サイトとなっており、NTTソルマーレ株式会社が運営する「コミックシーモア」

99万冊以上のコミックなどを取り扱っており、読みたい漫画の大半はコミックシーモアにあると言っても過言ではないほどです。

コミックシーモアではポイントを購入する事でポイントが還元されたりするため、お得に漫画を購入する事が出来ます!

更に、無料・SALEで読める作品も1万冊以上取り扱っているため、気になってたあの作品をちょっと読んでみたい!という方にも大変お得なサイトとなっています!

漫画バンクまとめ

今回はこれまで数多くの漫画やコミックを違法アップロードしていた海賊版サイト「漫画バンク」の閉鎖について、後継サイトの危険性や、安全にお得に読めるサイトのご紹介などをさせて頂きました。

後継サイトと呼ばれる「漫画ごはん」などは違法にアップロードを繰り返しているサイトとなっているため閲覧する事は絶対にやめた方がいいです!
例え知らなかったとしても、今後は罪に問われる可能性もあり、ウイルスや個人情報を抜き取られるリスクも高くなっています。

お得に漫画が読みたい!!という方には、各種割引き・クーポン・ポイント還元などが実施されているDLsiteやコミックシーモアといった電子書籍サイトが断然おすすめとなっています!

クーポンやポイントを利用すれば実質タダに近い金額で漫画やコミックを読むことも可能なので、是非検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です